ヲタク・伊豆・能登・DEAD
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
RECOMMEND
スポンサーサイト
category: - | author: スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - |PAGE TOP↑ -
読み終えて、ため息一つ
category: 感想 | author: 淳之介
アフタヌーンの別冊四季賞、久しぶりに全部読んだ。
(ここ最近は何だかんだと大して読まずに積んでばっかりだったモンで)

選考委員が萩尾望都だったせいか、今までとはちょっと毛色の違う、
それでいてすごくアフタヌーンらしい選考だった気がする。

「静かに尖ってる」ってのがボクの中でのアフタ像なんで。

特に大賞の「三文未来の家庭訪問」は鳥肌モンだった。
設定の見事さと、ソレをキチンとストーリーに組み込む構成力は
萩尾望都をして「プロでないのが不思議なくらいの完成度」と言わしめるに十分な力作。
この世界観を軸にした、オムニバス形式の連作を是非見てみたい。




最近シャバくなってんじゃねぇの?
とか、知った風な口でぼやいちゃったりしてましたけど
なかなかどうして、流石アフタさんです。
新人がバシバシ育っとりますがな。
本誌の方でも、とよ田みのるに田中ユキと、アブラの載った中堅作家が待望の新連載開始したりして
結構面白くなってきそうですし。



マンガってのはやっぱたまらなくエキサイティングであり
アフタヌーンってのは、ソレを実感させてくれる雑誌だなと改めて思った次第です。
comments(28) | - |PAGE TOP↑ -
夏の残像
category: 感想 | author: 淳之介
デボネア・ドライブ 1 (BEAM COMIX)
デボネア・ドライブ 1 (BEAM COMIX)
朝倉 世界一


実写映画化希望!
マンガを実写化するのって大抵の場合ボクは反対なんだけど
このマンガは実写で見たいと思ってしまった。

ワケありの男女数人が津軽の老人ホームを目指して車を走らせるっていう話
俗に言う「ろーどむーびー」、ならぬ「ろーどこみっく」。

ラフスケッチのような不安定な描線が、たゆたうような夏の空気を描き出す。



「私のかけがえのなかった子供時代ひっぱっていってくれる」
推薦文でよしもとばなながそのように語っている通り、
このマンガで描かれる蜃気楼のような夏の光景は、過ぎ去りし思い出そのものだ。


ボク達は何故、夏という季節にあんなにも切なさを覚えるのだろうか。
ソレはきっと、夏という季節が永遠に永遠となることがないからだろう。


な〜んつって。



なんじゃコレ?
感想か?
まぁいいや、インスピレーション・デッドですわ。
思いのたけを書き連ねる
そんな痛々しいマイブログ。
comments(0) | - |PAGE TOP↑ -
そういう意味ではラブやんって偉大だよな。 毎度まいどTシャツorスウェット&ジーパンだもんな
category: 感想 | author: 淳之介
かんなぎ 1 (1) (REX COMICS)
かんなぎ 1 (1) (REX COMICS)
武梨 えり

先輩オススメの萌えマンガ『かんなぎ』
とりあえず既刊を一通り読んだ感想。

アニメ化するんなら(するんだけど)、『カラオケ戦士マイク貴子』の回だけは観たい。

・・・未読のヒト完全に置いてけぼりの感想で申し訳ないです。
・・・既読のヒトも半分置いてけぼりの感想で重ね重ね申し訳ないです。



つか、東鳩アンソロ読者としては、武梨えりと結城心一がマヂ兄妹ってことにビックリ。
そういやどことな〜く絵柄とか作風とか似たり似てなかったりだったもんなぁ〜。



で、まぁ感想に戻るけど
このマンガ読んでて思ったわけです。
やっぱ作者が女性だからか、女キャラの服装が同じ萌えマンガでも男性が描くのとは随分違うなって。
なんつーのかな、変じゃないんですよ。
(あくまで男性であるボクから見たらですけど)普通にカワイイ服装だなって。

男性作家が描く萌えマンガなんかだとよくあるじゃないですか、
確かにカワイイけど、お前が着てんの明らかに日常生活を想定して造られてないやろって服。
洗濯機という存在を全否定するかの如きフリルにフリルを重ねたような服とか
ソレ、天然ゴム製なんですかってくらいボディラインが強調されまくりな服。
(コレの逆バージョンが、女性作家が描く異常にホスティな男キャラですね♪)


つか、この場を借りて萌え系作品の主人公に一言いいたい!
お前等のTシャツってなんでいっつも襟首ヨレヨレやねん!


こういうの、言ってしまえばある種の「舞台衣装」なのでしょうし
好きか嫌いかといえば、まぁ好きなんですが
どうも、気になってしまうんですよね。
特にその作品が「普通っぽさ」を出そうとすればするほど。


こういう部分に凝るか凝らないか、つってもあくまでうるさくならない程度ですけど
その辺が萌えマンガと言えどワリと明暗を分ける部分なんじゃないかなって思ったりするんですわ。

特に日常ほのぼの系では。
(現実に即してるだけに、ファンタジーと違ってアイテム群のごまかしが効き辛いでしょうから)
comments(0) | - |PAGE TOP↑ -
風来のSIREN
category: 感想 | author: 淳之介
『SIREN: New Translation』やってます。


ん〜・・・おもしろいんだけど・・・微妙かな。
プレイヤーキャラの多くが外国人っていうのは、まぁ100歩譲っていけるとして
問題は、ほとんど、それこそミッションからストーリー、キャラ設定に到るまで、
(国籍が違うと言う意味においての差はあるものの)全ての意味において1作目の焼き直しであると言うこと。

1作目のサイドストーリー的な展開を期待していたモンで、これにはちょっと拍子抜けしてしまった。
(平行世界って解釈するべきなんか?)

まぁ、つっても6時間ほどプレイした「現時点で」ではあるんですけど。


「アメリカさんにもとっつき易いように、キャラクターだけ外国人にした和製ホラーゲーム」
正直そんな印象。
「ハリウッド版」じゃねーんだからさあせあせ
(実際そんなコンセプトだったらイヤだな・・・)

「おもしろい」と上に書いたのはこのゲームが『SIREN』だから当然だとして、
折角PS3に移行したんだから、加えて言わせてもらうと、
ボクはこのゲームの為になけなしの給料削ってPS3買ったんだから
映像だけのゲームじゃないってところを観せてもらいたい。
comments(3) | - |PAGE TOP↑ -
すンげーおもしろい
category: 感想 | author: 淳之介


先日、後輩宅で久しぶりに読み返して以来、気になってしゃーなかったので
アマゾン及び古市で、GS美神のコミックスをガバッと衝動買い。


10年ぶりくらいに読み返して、改めて実感してます。
このマンガ、やっぱスッゲーおもしろいっスわ♪

comments(2) | - |PAGE TOP↑ -
SLCパンクスって映画で、モッズとパンクスは敵同士って旨のエピソードがあったナ
category: 感想 | author: 淳之介
「モーターロック」
高校生くらいの時、兄貴に薦められてちょっと衝撃を受けたマンガ。

この前ブクオフに行ったら8巻くらいまで置いてあったので思わず大人買いしてしまいました。
(ウチには2巻しかなかった)


イタリアのオシャレ原付「べスパ」にまつわるエピソードをこれまたオッシャレ〜に描いた短編ないし中編集で、
ニューウェーブ系の均質でエッジィな絵柄とスナップショット的なコマ割、
モッズ、ロック、カスタムカルチャーといった50〜60年代のストリートカルチャーをフィーチャー作風は、
当時はモチロン、今見ても十二分に通用するカッコ良さを誇ってます。
ボクが今まで読んできたマンガの中でもオシャレ度なら5本の指に入るんじゃないかな。
(オシャレっつーかスカシ?流石に今見るとちょっとオナニー入ってる感もいなめませんが)


comments(0) | - |PAGE TOP↑ -
藤田組にハズレなし
category: 感想 | author: 淳之介
空色動画 1 (1) (シリウスコミックス)
空色動画 1 (1) (シリウスコミックス)
片山 ユキヲ

ぶっちゃけ藤田和日郎先生の推薦文につられて買いました。
(つかこの漫画描いてんの、藤田和日郎のアシさんかいな)
正直あんま期待してなかったです。
言い方悪いけどシリウスだし。
ワリと小さくまとまった青春グラフィティなんだろうなって。(上のシリウスだしってのはそういう意味)
実際その通りだったんですが、なんつーのか・・・
スッゲーイイです。

女子高生達がひょんなことからアニメを造る事になって・・・云々といった話なんですが
普通(つーのもアレだけど)、「女子高生」+「アニメ」ってキーワードだと、途端にヲタ臭くなっちゃうじゃないですが。
ソレが全般的にせよ部分的にせよ、「ヲタク」ってキーワードを物語のフックに持ってきがちだと思うんですよ。
「アニメ」って、(いつも言ってますがボクも含めて)ヲタクにとってスッゲー共感し易い要素の一つですから。

でも、この漫画はそうじゃないんですよね。
ヲタ臭さがまったく感じられない。というより、アニメをヲタク的に描いてない。
なんつーのかな・・・ジャンルとしてのアニメ(平板読み)じゃなくて、
アニメーション(動画)そのもののおもしろさと、ソレを製作することの喜びに焦点を当て
ソレを青春グラフィティって形にまとめてるんですよね。
だから、アニメ製作が題材であるにも関わらず、ヲタ系特有のあるある感と言うか、
知っているヒトの間だけで閉じてしまってる感がないんです。
ニオイとしては「ウォーターボーイズ」とか「リンダリンダリンダ」、「ロボコン」といった作品に近いんじゃないかな。


そのタイトルが示すとおり夏の空のようにカラッとした輝きを放つ青春グラフィティ。

次巻がちょっと楽しみ。




みーたん 2 (2) (アクションコミックス) (アクションコミックス)
みーたん 2 (2) (アクションコミックス) (アクションコミックス)
友美 イチロウ

最低の漫画、遂に完結。
1巻の表紙も大概ひどかったけど、2巻のコレはひどいなんてモンじゃねーぞ!

つか、相当たち悪い表紙だよね。
私屋カヲル先生描き下ろしってフザケンナっつーの!
この漫画手にとってコジカの話してる後輩たち見てマヂ泣きそうになったもん。
イヤ、それまがい物だから!

と言うわけで、最後まで読者(主にヲタク勢)をおちょくり通したその心意気に感服。
ヲタクとして、殺意を感じる表現やマヂヘコミするような表現も多々ありましたが
それ以上の笑いを提供していただきましたわ。

世にも稀有なクソ漫画だったし、こんな漫画に幸でもあろうモンなら、それこそ漫画界の崩壊を感じずに入られないけど
とりあえず、おもしろかった。それだけは認める。
(面白いモン勝ちの漫画業界において、この言葉は最大限の賛辞)
comments(3) | - |PAGE TOP↑ -
アニメ感想 続き
category: 感想 | author: 淳之介
図書館戦争
禁書云々をめぐる対立がヒートアップして、結果戦争勃発っつのが話の筋らしいけど
とりあえず1話をみた限りじゃその必然性が全く見えてこない。
本と戦争が線で繋がるって世界の無茶苦茶さ加減におもしろさを感じてくれってことなんだろうけど。
結局、特殊環境下での青春グラフィティなワケで。
講談社文庫系のラノベってカンジするんですよね。
ちょっとハイソ謳ってますっつーか。

・二十面相の娘
ボンズなんでまず絵はキレイでした。
粋な怪盗と深窓の令嬢のペアって言えば、ルパンとクラリスを思い出してしまうのが日本人のサガでしょうが
まぁ、そんなんどこにでもある使い古された設定だし
別に深く考えるほどのことでもないですよね。
正統派ビルドゥングスロマンの香りに期待。
ただ、小原槇司特有のオカシさ(笑いなり狂気なり)が1話みた限りじゃあまり感じられなかった。
その辺が今後どう料理されていくのかも楽しみ(というか不安材料)の一つではある。
(原作を読んでないので、もしかしたらこの作品自体がいつもの小原ワールドじゃないのかもしれないけど)

・TOLOVEる
顔のにやけが止まりません。
漫画もそうだったけど、この馬鹿さ加減は手放しで褒めていいモンだと思う。
ホント、癒されるわぁ・・・。
それだけに、カッコつけてます感漂うOPがちょっと鼻につくかな。
どうせならOPもいちご100%くらいバカバカしく仕上げて欲しかった。
comments(2) | - |PAGE TOP↑ -
アニメ
category: 感想 | author: 淳之介
今期新作アニメの感想を適当に羅列してみる。

・ダカーポ
主人公のあまりの高待遇っぷりに腹が立つモノの
頭使わなくて観れるので良し。

・ホリック継
前作と大して変わらず。
まぁ、前作自体がワリと好きだったワケで。

・紅
何気に結構おもしろいかもしれん。
多分にスカシ入ってるのが気になるけど。
シリウスとかに連載されてそうだなぁとか思ったらスクウェアだったのね。
納得。

・イタズラなKISS
展開の急さ加減とか、キャラの極端さとか。
イイ意味でボクの思い描く少女漫画。
ヒロインがバカクラスの生徒ってのも好感度高し。

・仮面のメイドガイ
頭使わなくて観れるアニメその2
しきりに強調されるヒロインの乳が知能指数の低さを如実に表していてGOOD!


・絶対可憐チルドレン
とりあえず単行本は全巻買った。主題歌も含めて今期イチオシ!
白石涼子が関西弁の女性役で出てるのが普通にうれしい
(しかも、チルドレンの中では一番好きな葵だし)
平野綾の声だけが(結構似合ってるけど)耳につく。

・我が家のお稲荷さま
ラノベ臭。
男に変身させる必要あったんか?
comments(0) | - |PAGE TOP↑ -
うん
category: 感想 | author: 淳之介
ソウル・フラワー・トレイン (BEAM COMIX)
ソウル・フラワー・トレイン (BEAM COMIX)
ロビン西


義理とか人情とか、今時流行んね〜わ。
泥クセーし汗クセーし。

ドン亀どもの傷のなめあい見て、なにがおもしれーんだっつーの。
もっとスタイリッシュなカッコイイ漫画見せてみろよ。

そういうのをさ、世間じゃ「ダセェ」っつーんだよ。





でも、そんなダセェ漫画じゃなきゃ生まれない感動もあるんだよね。
comments(0) | - |PAGE TOP↑ -
new old
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH