ヲタク・伊豆・能登・DEAD
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
RECOMMEND
スポンサーサイト
category: - | author: スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - |PAGE TOP↑ -
ロックってワクワクする
category: 音楽 | author: 淳之介


「ロック」と言う、とてつもなく自由で、危なくて、エキサイティングで、ホットな物語の中で
どうしようもなく主役で在り続ける存在。
ロック界、というより音楽表現におけるOASISとはつまるところそんな存在なんだと思う。

ロックを聴けばOASISに当たる。
なぜなら、OASISはロックそのものだから。
comments(2) | - |PAGE TOP↑ -
活動再開しねーの?
category: 音楽 | author: 淳之介






「あそこの息子さんは、なんでもそつなくこなすわねぇ」なんて同級生のお母さん連が噂するような優等生、
けど裏では高級エロ本(?)とかを先取りして横流ししているようなガキ大将。


great3ってバンドをそのように称してた記事をネット上で見かけたことがあるけど、言いえて妙だなってつくづく思うわけです。

エスプリとかウィットって横文字がこれほど似合うバンドはそうないんじゃないかな。

で、上の例えで言うと、件のエロ本を高値で買いつつも母親あたりにばれて
その日の晩に家族会議でこってり絞られてるのが「電気グルーヴ」ってところかな(笑)

comments(0) | - |PAGE TOP↑ -
月海のカッコ良さときたら。
category: 音楽 | author: 淳之介

LUNASEA/MOTHER

ミーハーな意見かもしれませんが、なんだかんだでLUNASEAの最高傑作はMOTHERだと思ってます。



昨年のイヴ再結成を機に、最近またLUNASEAをちょくちょく聴き返したりしてます。

リアルタイムで聴いていた中学生当時はそんなこと全然思ってなかったんだけど
(比べる対象がそもそもなかった。)
改めて聴き直すと、思いのほかシンプルなんですよね、LUNASEAの曲って。
だからといって「スカスカ」って印象は全然受けない。
なんつーか・・・「無駄がない」って言えばいいのかな。
一音一音がすごくキレイに結びついてる印象なんですよ。
「シンプル」ってつまるところそういうことなんだけど。
音の組み合わせとか、曲展開とか、ホント「完璧」って形容しても過大評価じゃないなって思えるほどバッチリなんですよ。

イメージとしてはnew orderのソレに近い感じ?
ニューオーダーも演奏クソ下手でペラッペラな音のクセして
ありえんくらいかっこいいじゃないですか。
あんな感じなんですよ。

元々LUNASEA(特にSUGIZOか?)ってニューウェーヴ系の音楽にもすごく関心があったみたいだし
だから結果としてニューオーダーっぽくなるのは当然かもしれないけど
ニューウェーブ的であるとかそういったこと以上に、
「曲作りのうまさ」みたいなものにすごく相通ずるものを感じるんですよ。

姿勢的なものっつーのか。

「最小限の音とリズムでいかに心地よいメロディを奏でられるか。」
そいういった、音楽に対するある種の志の高さがやっぱり両者には共通して見て取れる。




中学生当時、年代にして90年代後半ですわ。
ブームだったことも会って、かなりのヴィジュアル系バンドが世に送り出されましたよね。
ご多分漏れずボクもハマっていろんなバンドの曲を聴いたりしたモンです。
「バンやろ!」なんて恥ずかしい(つーのは難だね)雑誌も買ってたりしてましたわ。
あの頃は、奇抜な格好に身を包み、カッコ良さ気な曲を奏でるヴィジュアル系アーティスト達に、少なからず憧れを抱いていたりもしました。

そんなボクももう23歳。
あの頃に比べて、聴いた音楽の量は格段に多いワケで。
また、月日を経て音楽的趣味の変化も多分にあったりします。
そういった時代の変遷的な部分を差し引いたとしても、あの頃聴いていたヴィジュアル系アーティスト達の曲は、今や有象無象のソレでしかなくなってしまってます。
「思いでフィルター」である程度中和していても、やっぱりイイ曲だと思えるものは多くない。

そんな中で、LUNASEAだけは、今聴き返してもやっぱりカッコイイなって思える。
むしろ、聴くごとに新たな発見があるわけです。



なんだかんだで、スゲーバンドだったんだなと。
解散から8年経って改めてそう思うわけです。



ついでに、ニューオーダーの個人的フェイバリットナンバー。


これまたミーハーで申し訳ない。

comments(0) | - |PAGE TOP↑ -
プチラッキー
category: 音楽 | author: 淳之介
Telecastic fake show(DVD付)
Telecastic fake show(DVD付)
凛として時雨,北嶋徹


発売2日目にして、タワレコ、HMVのサイトから姿を消し、
アマゾンではいきなりプレミア価格の¥6980で取引されているという
なんじゃそらなリンシグ1stシングルDVD付初回限定版。

もはや手にはいらんのではないかとビクビクしながら仕事先近くのタワレコへ足を運んだのですが
幸いなことに売ってました。
(それでも一枚だけ)


とりあえず、ライブDVDヤバ過ぎ。

来月の13日、休み取れたんでライブ観に行ってきます。
comments(0) | - |PAGE TOP↑ -
泣き虫ロックか・・・
category: 音楽 | author: 淳之介


Weezer - Say It Ain't So

あまりにも有名なバンドなだけに今まで敬遠してましたが
兄貴から「とりあえず1stは名作やから聴いとけ」と薦められたのでためし聴いてみることに。

・・・あぁ、なるほど。
これがパワーポップの催涙効果か。
comments(0) | - |PAGE TOP↑ -
ROCKはROLLしているぜ!
category: 音楽 | author: 淳之介
「ギャルゲーやった後はカオスUK(UKノイズコアのドン。常人には騒音にしか聞こえません)聴きたくなる。」
そう言ったのはウチの兄貴ですが、そういうことってありますよね。

ギャルゲーの世界はそれこそ夢の世界だから、あんまり長いこと浸ってると現実世界に戻って来れなくなるんですよね。
ある意味、毒電波で脳ミソ侵されるんですよ。
だから、ソレとは真逆の刺激(まぁ視覚、味覚、触覚、何でもいいんですがこの場合は聴覚的刺激)によってバイアスを調整するッつーわけです。

ほら、よくあるじゃないですか。
敵忍者の幻術にかかって夢の世界に迷い込んだ主人公が、自分の体を傷つけてその術から脱出するってヤツ。
あんな感じです。



ボクも御多分もれずそんな状態。
キミキスが夢にまで出てくるんだから、ソラかなりヤバイわな。



つーワケで、男分補充!と言わんばかりに、先日タワレコに足を運び
『日本脳炎』っつー日本の(この名前で国外だとおかしーだろ)R&RバンドのCDを購入した次第です。

一部のロックファンには結構知られた名前なんですが、リリースされたCDが軒並み廃盤→プレミア化って、新規リスナーには厳しい環境だったんですね
ソレが半年ほど前、初期音源をほとんど収録したコンピ盤が発売。
今回めでたく購入と相なったわけです。

たぶん、多くの人が想像するロックンロールに非常に近いんじゃないかなって思います。
「ロック」じゃなくて「ロックンロール」ね。(ココは結構肝心なのだ)
古きよきブリティッシュロックの正統なるプロパー(後継者)っつーか。
ミッシェルとかブランキーとかソッチ系のサウンドを想像してもらえるとイイかな。
正にルーディーズ(不良)の音楽。
小細工皆無の直線的な音が、フニャフニャになったボクの脳ミソを釘バットでガシガシ叩き直してくれるような感じ。

名前からして怪しいオーラを隠しきれねーって感じでしょ?
カッケーっすよイケテル

ギャルゲー毒電波対策にもってこいだ!
日本脳炎だけに、毒をもって毒を制してくれるぜw

comments(2) | - |PAGE TOP↑ -
ドリーミーポップ
category: 音楽 | author: 淳之介


【Belle And Sebastian / Piazza, New York Catcher】


おそらく世界で最もポップなサウンドを奏でる一つであろうバンド、『Belle And Sebastian』

コイツらの曲を聴いていると、たまらなく切なくなります。
楽しくて楽しくて仕方がないのに、胸が締め付けられてしわくちゃになってしまいそうです。

おそらく、彼等の奏でる底抜けの楽しさが、ソレが終わってしまうことの寂しさもまた
同時にボク等に訴えかけるからでしょう。
そして、だからこそたまらなくイトオシイ。





げんしけん第54話の「ははっ」です。
(このブログ観てくれてるヒト達はなんとなくわかってくれると思う)
comments(2) | - |PAGE TOP↑ -
音楽聴くのは楽しいね
category: 音楽 | author: 淳之介
Damaged
Damaged
Black Flag

Repeater + 3 Songs
Repeater + 3 Songs
Fugazi

Inspiration is DEAD
Inspiration is DEAD
凛として時雨


上の二つはパンクの歴史的名盤。
リンシグは言うに及ばず現行最高峰のインディーロックバンド。
チョイス自体は至極手堅いワケで、まぁ当然っちゃあ当然なんですが
三枚とも最高にCOOL!でしたわ。まったくもってハズレなし。
イイ買い物しましたぜ、ホント。


血液が沸騰するのを当たり前のように感じられるような、そんな問答無用の疾走感。
脳髄から指先まで、体中に張り巡らされた神経と言う神経が根こそぎぶち抜かれるような
掃除機で吸い込まれるような。



先日、ペルセポリスってフランスのオシャレアニメ映画を観たんですが
回教の色濃いイラン生まれの主人公が留学先のフランスでパンクスと友達になり
ハードコアパンクのライブを観に行くってシーンがあったんですわ。
何がどうってワケじゃないんですが、結構印象に残ったシーンでした。
comments(2) | - |PAGE TOP↑ -
CD買おかな
category: 音楽 | author: 淳之介


人間椅子/りんごの泪

こういうの、「ドゥームメタル」っつーらしいですね。
ブラックサバスとかが有名なんでしたっけ?
何年か前、思い出したように急にアニキがブラックサバスにハマりだして
やたらプッシュしてきたんですね。
なんでそんな古臭いバンド、それもメタルにはまってんのか、不思議で仕方がなかったんですが
この曲聴いてるとよくわかります。

うん、カッコいいわ。
comments(4) | - |PAGE TOP↑ -
愛すべきクソ馬鹿野郎登場!
category: 音楽 | author: 淳之介


AC/DC直系のオージーハードロックバンド、その名もAirbourne
この、20年前のセンスを地でいく恥ずかしすぎるバンド名が示すとおり
時代性という言葉をあまりにも無視しすぎたいでたち、音楽性は思わず爆笑必死
曲名が「RUNNIN WILD」だよ?笑い殺す気か!

コイツらを載せていい雑誌は日本では「BURRN!」か「YOUNG GUITAR」くらいしかねぇだろ。
いろんな意味でモンスターバンドなんだからさ、コイツら。
ロキノンなんかに載せちゃダメだよ。野獣と人間は一緒に暮らせないモンなんだよ。

演奏もご多分漏れずダサカッコ良さの極致。
あぁ、もうダメ。ここまでゴリゴリのどストレート投げられちゃしょーがない。
今更こんな曲でノリにノってしまう自分が恥ずかしいけど、コレ聴いてノれないヤツぁロック聴く資格ねっしょ。


つか、広告記事の宣伝文句からして

ロックの為に誕生し、
ロックの為に闘い、
ロックの為なら死ねる!
これぞ真の「ロック馬鹿一代」!!
1日24時間ロックする野郎ども、
それがこの純オーストラリア産のロックン・ロール・バンド、エアボーンだ!!


・・・コレだもん。
この知能指数のきわめて低く、そしてやたら暑苦しい!
明らかにノリが体育会系。肉大好きな連中の台詞だよ。

馬鹿になってもロックでいたい!そんな愛すべきクソッ馬鹿野郎ども御用達のバンド
それがエアボーンだ!
comments(0) | - |PAGE TOP↑ -
new old
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH